は、ほとんどの方が知らないことなのですが・・・

失業保険は給付を3ヶ月も待たず、
即、手に入れ、12ヶ月間もらい続けることができます。

 

それだけでは、ありません。

失業保険は知っている人だけが支給額が増える方法など、
たくさんの秘密があります。

この秘密を、早く、あなたに
お知らせしないといけないと思い、この手紙を書いています。

あなたが給付金をより多く、スムーズにもらうためには、
1日でも早く行動しないといけません。

ですので、今すぐ、 このサイトを1文字も飛ばさず真剣に読むことをお勧めします。


From
:高松純
元、アウトプレースメント
(再就職支援)会社勤務

 

 


がある友人に、この「秘密」を教えました。

彼は1年間、働かずに暮らしていました。

そしてある日、別の友人が、彼が1年間にもらっている給付額を知り、不愉快な顔をしていました。

なぜなら、せっせと汗水流して働いている彼よりも、給付金をもらって遊んで暮らしている友人の方が、彼の年収330万円より多かったのです・・・


 

今から重要なお話をします。


あなたがすでに、失業保険を受け取っているなら、このサイトを閉じて忘れてください。 なぜなら読み続けると、「取り返しのつかない損をした!」と、絶望的な気持ちになってしまうからです。

ですが、もしあなたが失業保険を受け取る前にこのサイトを訪れたのなら・・・


おめでとうございます。

今からお話する内容を聞いたあなたは、
「こんなに都合のよい話があっていいの?」と、

失業する不安より、失業保険によって入ってくるお金を計算して、
にんまりと笑顔になることと思います。

 

 

なぜ急がなければならないのか?

それは、あなたが失業保険をもらう前に、素早く、適切に行動することによって、通常の給付金とは比べ物にならないくらい、多くの給付金を受け取ることができるからです。

今からお伝えするある方法で、退職の理由を通常の「自己都合」から「会社都合」にすることによって、まず、すぐに給付金があなたの口座に振り込まれます。(通常だと3ヶ月後になります)

また、5年以上働いている方なら、会社都合になると金額が2倍(給付の期間90日が180日に)になります。

さらにその後、職業訓練校の制度などを受けることによって、もらえる額にするとさらに9倍(給付期間がさらに最大1年まで延長)もの差があるのです。

 

「自から辞めるのだから会社都合にならないだろう」そう思ってしまうと、大きな損をしてしまいます。

確かに常識的・倫理的にはそのとおりです。

ですが、雇用保険法の改正により、今までは「解雇」もしくは「倒産」の場合しか適応されなかった自己都合でも、今からお伝えするやり方で賢く立ち回れば「会社都合」にできるのです。(もちろん一切、不正なやり方はありません)

私は、そのことを早急にあなたに伝えたいのです。
なぜ、私がこんなに急いでいるのか・・・

重要なので繰り返します。それは、あなたの行動が早ければ早いほど、受け取れる収入が増えるのです。そしてよりスムーズに「会社都合」にできるからです。

ですので、今すぐこの手紙を最後までしっかり読み進めてください。後回しにしておくと大きく損をします。

これは、実行しないと本当に損をします。

 


人生の大半は仕事に時間を奪われます。

仕事を安易に決めてしまうということは、今後の、人生の大半を安易に決めてしまうことに等しいことです。

そんな人生を大きく左右することを、満足な準備期間もなく飛び込むことは大変リスクが大きいことだと肌で感じています。

「満足の行かない仕事につく」ということは、本当に「時間」と「労力」のムダになる危険があるります。

本当に楽しく、新しい人生のスタートを踏み出すのには再就職に向けて十分な時間と安定した資金が必要でしょう。

「自分の納得いく仕事を見つける時間と余裕が欲しい!」
そんな前向きな方のために、このノウハウを使って頂きたいと思います。

普通の人は知らない数多くの、失業保険の裏ワザを使い倒して、時間と資金をあなたも手にしてください

 


今、あなたはパソコンの前に座っていると思いますが、
お近くに携帯電話はありますでしょうか?

ちょっとだけ、その携帯を手にとってみてください。
いいですか?手に取りました?


・・・・・・

 

と、私がいっても、あなたは携帯のことを考えただけで、実際、手に取っていないかと思いますが、話をすすめさせていただきます。

「なぜ?携帯電話の話をするのか?」
というと、重要なことなので真剣に聞いてください。

多くの方は、携帯電話の機能を使いこなしていません。

例えば、私が最近教えてもらった機能の1つで、「メール送信予約」というものがあることを知りました。

「そんなの知っているよ」
という人もいるかもしれません。でも、私と同様、知らない人も多いと思います。

説明させていただきますと、これは、すばらしい機能で、メールを事前に作っておいて予約した時間に送ることができるのです。

女性の方は、よく誕生日など記念日に0時キッカリに送る人がいますが、この機能を使っているんですね。

私はこの機能を覚えてから、「○時に電話しないといけない」など、忘れてはいけない約束がある場合、この機能を使って自分にメールを送っています。



それで、何がいいたいのか?

というと、それは、携帯電話も失業保険も同じだということです。

数多くの機能が存在するのに、ほとんどの方はその機能を使ってません。
また、その機能の存在すら知りません。

携帯電話には分厚い説明書がついています。

でも失業保険は給付を受けるときに説明書はついていません。

ですので、あなたが失業保険について知らないのは当然です。
そして、さらに言えば・・・

失業保険には大きな声では言えませんが・・・裏ノウハウがたくさん存在するのです。


会社やハローワークでは、「会社都合でやめた方が得するよ」「こうしたら会社都合になるよ」なんて絶対にアドバイスをしてくれません。

 

また、「社労士」や「弁護士」などの法律家に相談しても、
高い料金が必要でなおかつ、 会社と争う手法しか教えてくれません。

あなたも、出来るだけ会社と波風立てないようにしたいですよね?
(彼らはそういう仕事なので仕方ないのですが・・・)

 

ですが、あなたはこのノウハウを手に入れる機会が訪れました。

沈んだ暗い顔して、ハローワークに通っている人たちをしりめに、あなたは意気揚々とハローワークに行ってください

それでは今から、失業保険を賢く使い倒す方法を知り、安定したゆとりある就職活動に入って頂きたいと願ってます。

 


申し遅れました。私は高松純と申します。

なぜ、私がこのような ― 失業保険のことについて誰よりも詳しいかというと、
その理由は私の前職にあります。

私は以前、大手アウトプレースメント(再就職支援)会社に勤めておりました。
再就職支援といえば失業保険は大きく関わってくることがらです。

当然、隅から隅まで学ばせていただきました。

そこで「こんなことまでOKなの?」という目を丸くするような裏技まで学ばせていただきました。

県からの依頼で再就職支援セミナーなども運営しておりましたので、
ハローワークにも頻繁に出入りをしていました。

そこで私は、会社側からの視点と、ハローワーク側からの視点

その両方が「自己都合」から「会社都合」にせざるを得ない状況などもたくさん見てきました。

 ― そして失業保険を給付金を限界まで搾り取る方法などをたくさん知って愕然としたのです。

なぜなら当時の私は、転職を3回経験していました。

そのうちの2回は自己都合で退社。1つはベンチャー企業で、失業保険(正しくは雇用保険)に、その会社は加入していなかったので失業保険はもらえませんでした。


その時、この知識があれば、

「確実に自己都合を会社都合に変えることが出来た ― 」

と悔しい思いをしたものです。会社が失業保険に加入していなくても、
給付がもらえる方法があることも知りました。

3回退職しているのだから、私の金銭的な損失は軽く見積もって、730万円ほど損をしていることになります!

もちろん、その後、前職を辞めた時は、自ら辞職をしたのですが、学んだ知識を使い会社都合に変えました。



この知識を使うことによって、失業後の生活は激変します。

あなたはもう、 「失業手当がもらえるといっても3ヵ月後・・・その間、生活どうしよう・・・」 そんなお金の不安から開放されるのです。

失業保険の追加給付などを受けフルに活用すると、1年間ほどあなたに自由な時間ができます。

その間スキルを高め、じっくり腰をすえて、あなたに合ったやりがいのある仕事を探すことができます。

働いていてもいないのに、4週間ごとにあなたの口座に現金が入ってくる ― そんな生活に少し罪悪感を感じるかもしれません。

ただ、取り違えてほしくないことがあります。

それは私がこのことをあなたにお伝えするのは、遊んで暮らすのを勧めている訳ではないということです。それを味わうと人間が駄目になってしまいます。

あくまで、あなたの失業した時の不安な気持ちを和らげ、あなたがハツラツと活躍できる職場を探すまでの大切な時間を作って頂きたいと思います。

その準備は早ければ早いほど、あなたの利益は増え、よりスムーズに楽しい失業生活を味わうことができるでしょう。

 


さて、ここからが重要なところです。

正直、「会社都合にしたらお金がすぐ入ってきて、さらに倍になるよ」とか、
「もっと活用すれば、さらに貰えるよ」などという情報は、
社労士さん聞いたり、自分で時間をかけて調べたりすればわかるかもしれません。

会社に喧嘩を売って、真っ向から争いたい方は、「社労士」さんや「弁護士」さんの
手法を使ってもよいのですが、あなたもそんなことしたくないですよね?

もっと賢く、お互い満足の行く形で退職したいですよね?


あなたが本当に必要なことは、そんな喧嘩を吹っかけるやり方ではありません。

あなたが絶対に知らなければいけないことは、
実際にどうやってスムーズに「自己都合」を「会社都合」にひっくり返すのか?

 

これが、一番のキモになるのです。

まずは、そのキモをご説明する前に、
会社とハローワーク(国)の立場から失業保険について考えてみましょう。


普通、自分の都合で会社を辞めるのに、
「自分の働いている会社が、会社都合で認めてくれるワケがない!」
と、思うかもしれません。

でも、実際のところ、会社には「会社都合」にしたところで大して会社ではデメリットがないのです。

会社側でデメリットがあるとすれば、近々、国から助成金をもらう予定のある会社くらいです。

もしくは一部上場の企業などであまりにもリストラが多いと経営不振に思われるからイヤだ、というケースもたまにありますが。


つまり、ほとんどの会社ではノーリスクなのです。

 

では、実際あなたにお金を払う国はどうなのか?といいますと、実は、雇用保険の予算はかなり潤っています。毎年1兆円〜2兆円近くあまっているのです。

ですので、そのあまっている雇用保険を使って、581億円もかけて
「私のしごと館」などを作るのです。そして、毎年、10億円以上の赤字。

雇用保険で獲た税金を垂れ流している状態でした。
(少し前にニュースなどで騒がれていたのでご存知の方も多いと思います)


つまり、私が何が言いたいのか?

というと金銭的な面から言うと両方とも「絶対に譲れない」というデメリットはほとんどの場合、ないのです。

でも、気をつけて頂きたいことがあります・・・



会社は、自分で辞めたいといった人は「自己都合」にするという常識があります。

ハローワークは無駄に給付金を出さないように教えられています。

ですので、それを「会社都合」に覆すのには、理由が必要となります。悪く言うと、「会社理由にするこじつけ」が必要になってくるのです。

例えば、 よく知られているテクニックの1つに、残業時間を使う方法が言われています。

これは、週45時間以上残業している人だけが使えるテクニックです。(計算して、ワザと残業してもいいのですが)残業の労働時間は週40時間と決まっているのでそれを利用します。

タイムカードをコピーして、離職票と一緒にハローワークに出すというやり方です。
これも、労働違反=会社都合にする、こじつけの1つではあります。

でも注意してください。

すごく甘い、ハローワークだとこれだけでも通ってしまう場合もありますが、これだけでは通らないケースも多々あります。一度通らなかったものを覆すのは多大なパワーが必要です。

ですので、私がお勧めするのは、もっと賢く立ち回る方法です

私は、前職の仕事柄、会社の経営者側からとハローワーク側から、失業保険に関するいろいろなケースを見ました。

ですので、「これだったら、どっちも会社都合で合意するしかないなー」という方法をたくさん見て、知っています。

会社都合は特定の人しかできないのではありません。
実際、自己都合退職だと考えている多くの人にも、あてはめることができるのです

 

今から、会社都合にする方法を簡単に言います。

 

会社都合ですので、3ヶ月もお金が入らない自己都合と違い、4週間後にあなたの銀行口座に現金が入ります。

もちろん、今からあなたにお伝えする内容はこれだけではありません。失業保険をとことん使い倒し、極限までお金を搾り取る方法をお伝えいたします。

 

失業保険・裏バイブル


画像はイメージです

A4サイズ 113ページ

 

その、テクニックの1部を紹介すると・・・

このマニュアルの内容は、これだけではありません。

まだ他にも、あなたもびっくりするような内容があるから言いたい・・・
でもここでは言えない・・・

「今ここで、書いたら倫理的に、叩かれるのでまずいだろうという」という内容がまだまだあります。(もちろん不正な方法は書いてありません)

「本当に自分にもあてはまるだろうか・・・」
そう心配されるのもわかります。でも、実際、失業保険をもらえる資格がある人ならほとんどの場合「会社都合」で通るのが現状です。

 


ここで悪いお知らせを、お伝えしなければなりません。

失業保険を搾り取る、この数々のテクニックですが、すべての方に差し上げるわけにはいきません。

お譲りする人数は6ヶ月ごとに100人だけと決めております・・・

なぜ、人数を限定しなければならのか?というと理由があります。

1つは、人数が会社都合の人数が増えすぎても困るだろうからです。
私が、このノウハウを無料で大勢にばら撒くとどうなるでしょう?

みんな会社都合で辞め始めるので、徐々にハローワークも
不振に思い始めることでしょう。

法改正がされたのは、近年ですので、すぐに対応はできないと思いますが、数年後には失業保険の基準が厳しくなるかもしれません。


そうならないためにも、人数を制限せざる得ない状況なのを理解してください。

私は本当に価値のわかる人だけに、お伝えしたいと考えています。ですので、繰り返しますが差し上げることのできるのは、6ヶ月ごとに100名までといたします。

 

100名に達した時点で予告なく、お申し込みは停止いたします。ご了承ください。

たとえ最初の1ヶ月目で100名に達したとしても、それ以上は絶対にお譲りできません。譲って欲しいという人がいても申し込みは一時ストップされます。

次に申し込みが再開されるのは、6ヶ月後となりますのでお許しください。

上記の理由により人数を調整しております。ですのでこれを手にしたあなたは、内容を親友にも口外しないことをお約束ください。

 


さて、気になる価格ですが、この失業保険を搾り取るマニュアル。

費用はいくらなのでしょうか?まず、このマニュアルをあなたが手に入れることによって振り込まれる金額を考えてみてください。

まず、自己都合退職と違い、このマニュアルに沿って会社都合に3ヶ月待たなくてもすぐお金が入る。さらにいろいろ付け足すことで、少なく見積もっても50万はプラスされます

もし、このまま知らずに「自己都合」で退職する。

もしくは、どこかで聞いた知識で「会社都合」にしようとして失敗。 そして結局「自己都合」で辞めることになり大金を失う。そんなリスクを考えてみてください。

本音をいえば、私としては価値あるノウハウなのですので、できるだけ高く、最低でも5万円以上で譲りたいと考えています。

とはいうものの、あなたが投資した以上のお金が返ってくると確信しても、5万円をお支払いするのはとても勇気がいることと思います。

ですので、あなたにとってもリスクの少ない金額、そして私がこのサイトを運営していくのに必要な金額。ズバリ、9800円でお譲りいたします。

大事なことは「投資対費用効果」です。この9800円という価格で、あなたがどれだけプラスの利益を得られるか想像してみてください。

 


私の提案は、ATMの前でお金を借りるようなものだと思います。

なぜなら、ここで1万円を私に渡しても、あなたには50万以上の価値になって返ってくることでしょうから。

ですが、いくら私が「価値がある」と言っても、あなたは私のことを知りません。私が大きな声であなたに叫んでも、信じられないのは当然だと思います。

そのように、慎重になることはとても賢いことです。ですが、今回の件に関しは、何度も申し上げているように早く行動に移さなくてはなりません。

ですので、あなたがこのマニュアルを手に入れるのに、心配をでるだけないようにしております。

どういうことなのか?というと・・・・

このマニュアルの秘匿性からすれば本当は
すべきではないのですが、完全返金保障をつけております。

このマニュアルを実際にすべて試して頂き、それでも「通常の給付額よりもらえなかった」というようなことが、万が一にでもありましたら、お手元に届いた後、365日以内に弊社にご連絡ください。

いただいた費用すべてを喜んで返金いたします。
つまり、あなたにとってこのマニュアルを手に入れるのに、二の足を踏む必要はありません。

あなたにとっての最大の不利益は、大事なことを後回しにして会社都合になってしまうことです。また、浅い知識で「こうすれば会社都合に持っていけるだろう」と安易に考えてしまうことです。

 

正直なところ、広告代、サイトの管理代、配送代、その他事務手数料、さらに言えばこのマニュアルを完成させるまでに多大なエネルギーを投資しました。

その挙句に、返金されたとしたら、たまったものではありません。

にも関わらず、私が返金保障をつけるのは、あなたの行動が遅れてしまうとそれだけ損をする確率が増えるからです。インテリアを買うのでしたら色々迷ってもいいと思います。でも、こればかりは今すぐ動いた方が得なのです。

ですので、躊躇したがためにあなたの給付金が減ることは避けたいので完全返金保証をつけさせていただきました。

このマニュアルを実際に試して頂き、それでもこのマニュアルに投資した額よりも増えるお金が少なかったなどとというようなことが、もしありましたらinfo@infoood.comまで
・ご購入時に登録して頂いたお名前
・ご購入時に登録して頂いたメールアドレスをお送り下さい。
折り返しご返金手続きに関するご案内を差し上げます。
(※ご購入後1年以内でマニュアルの内容をお試しいただいた方に限らさせて頂きます。)

 

私も再就職の辛さは知っています。時間とお金がない中で、新しい仕事を探さなければなりません。

私も、「ここならマシかな・・・」というような後ろ向きな気持ちで仕事を決めてしまったことがあります。

今思えば、安易にその会社を選んだことによって、
「なんて時間を無駄にしてきたんだろう」と深く後悔をしました。

再就職は人生に大きく影響することです。

「生活費がない」、「時間がない」など不安の中で安易に就職を選んで欲しくありません!ですので、このノウハウをフル活用して、安定しながら再出発の準備をしていただければと思います。

 



先日、電車で久しぶりに同級生に会いました。

彼は「実は先月、会社を辞めたんだよ」と話しました。聞いてみるとやはり「自己都合」で辞めてしまったみたいなのです。

正直「彼は運が悪いな」と可愛そうに思ってしまいました。

ああ、会社を辞める前に私と会っていれば今頃は・・・


とりあえず彼は、失業保険の給付を待つ、3ヶ月の待機期間中だったので、自己都合でもすぐに支給される方法と、給付を伸ばす方法を伝えました。

彼はこの話にとてもよろこんでくました。でも私は、「会社都合だったらもっと得をしたのに・・・」という気持ちになってしまいました。

 

あなたが会社を辞める前にこのサイトに来たことはとてもすばらしいです。

周りの人からは税金で遊んで暮らして・・・
と、白い目で見られることもあるかもしれません。あなたは楽な生活に堕落してしまうかもしれない、という悪い面もあります。

でも本当に最悪なのは、このことを知らずに通常の通りの失業保険をもらい、貯金がつき、あせって仕事を決めてしまうことです。

 

あなたはお金に心配を感じることなくじっくり仕事を探せます。

そして、さらに失業保険でしばらくお金をもらいつつ・・・

職業訓練などに通い、あなたに合ったスキルアップを目指すのも良いでしょう。懐かしい学生気分も味わえます。実は、私もそれを利用してホームページを作れるようになりました。

この知識を使い、毎月あなたの口座に振り込まれたお金で、自由に楽しく、就職活動をしてください。あなたには、通常の失業者とは違った、ゆとりのある生活を送っていただけたることを楽しみにしております。

大事なことは、1日でも早くこの知識を得て退職の準備をすることです。ぜひ、あなたも今すぐ行動し、失業保険の収入を最大化してください

 

 




失業保険・裏バイブル
*不正な受給方法は一切ありません
*2013年版


商品イメージ画像

A4ファイル 114ページ   特別価格 9800円

ダウンロード版(PDFファイル) 

冊子による配送版も選べます。(印刷料+送料で1800円かかります)

クレジット決済・銀行振り込み・郵便振替に対応しております。お申し込みについては決済代行会社と提携しております。 クレジット番号・口座番号など弊社はわからないようになってますのでご安心ください。クレジット決済だと最も早くお届けできます。

 

     

*ダウンロード版はクレジット決済後、すぐに閲覧することができます。また、 保存にも便利です。 

ダウンロードファイルはパソコン上でご覧になることが出来ます。また、ご自宅で印刷してご覧になることも出来ます。約89%の方がダウンロード版を選んでいます。

 

*冊子版は配達料金(送料+印刷料)として、+1,800円が加算されますのでご注意ください。 決済完了から通常5日以内に発送されます。    

 

(お持ちのパソコン、携帯、スマートフォンで閲覧できます。印刷も可能)

 

 

失業保険・裏バイブル

お客様の声

―――――――――――――――――――――――――――――――

私は突然会社に転勤を言い渡されました。そして家族のことも考え他結果、泣く泣く会社を辞めることになりました。

失業保険のことは詳しくしらなかったので、友人に相談すると「それ自己都合になるんじゃないの?」と言われました。

そこで、私は社労士さんに相談に行ったのですが、結局会社ともめる形になるのは明白だったので、辞める前にギスギスしたくなかった私は、自己都合をあきらめていたの ですが、

このサイトを見て買ってみたら、会社と直接争わなくても自己都合に出来る方法や、失業保険をもらった後のことまで詳しく書いてあり、本当に参考になりました。

たまたまこのサイトを発見した私は幸運だと思いました。

おかげさまでゆっくりと今後の就職活動の充電期間が出来ました。高松様、本当にありがとうございます。

                  製造業  5年7ヶ月勤務 

―――――――――――――――――――――――――――――――

手に入れて良かったです。本当に知らないと損をするとこでした。

これを辞める前に呼んでラッキーです。

上手くやれば失業保険でこんなにもお金が入ってくると思いませんでした。失業中もどうやってすごした方が得かもわかりました。

                      接客業  3年勤務

―――――――――――――――――――――――――――――――

私は、自分のわがままで辞めるのだから自己都合で当然だと思ってました。

でも、会社都合にできると知って本当に大丈夫かな?

と不安でしたがこれに書いてあるとおりにすると簡単に会社都合になったのでびっくりしました。

今まで辞めるときも知っておけば〜とちょっと残念です。でも、本当に知らないとソンですね!

                  派遣社員  2年3ヶ月勤務

―――――――――――――――――――――――――――――――

フリーターの私は、自分が失業保険をもらえることすら知りませんでした。

とりあえず、先日最初の振り込みがありました。この方法はフリーターなどで知っているひとはほとんどいないのではないでしょうか?

仕事が不安定なフリーターにこそ失業保険は必要だと感じました。本当に感謝です。

                   フリーター 1年間勤務 

―――――――――――――――――――――――――――――――

仕事を辞める前に読んでおくと良いことがいっぱいあったので驚きました。

辞めた後も活用できる裏技がいっぱいあることに驚きました。退職届けを出す前に手に入れて良かったです。

                  営業職   2年5ヶ月勤務

―――――――――――――――――――――――――――――――

この本だけの投資で得られるものはすごく大きかった。

失業保険のことはほとんど人伝いに聞いた知識ばっかり。失業前の準備、失業後のプラン。これを知らないと本当に困るところだったと、救われた気持ちです。

ハローワークなどは本当に何も教えてくれませんでした。というかハローワークの人自体、失業保険を熟知しいるか疑問でしたが。とにかくこれで今後のメドが立つので嬉しいです。

                  派遣社員  6ヶ月間勤務

―――――――――――――――――――――――――――――――

この手の本などは読んでいるが、さらに突っ込んだというか、他の本ではいえないようなことを淡々と書いてあるのがすごいです。

私は自己都合退職する予定で、給付も3ヶ月またないといけないと重い途方にくれてました。このマニュアルに書いてある会社都合への持って行く方法がすごく参考になりました。

私のほうもそれで会社都合にしてもらえました。それだけで、このマニュアルを買った価値があったと思います。

                 医療事務 1年10ヶ月勤務

―――――――――――――――――――――――――――――――

失業保険の増やし方から、失業後の生活資金の増やし方までのっていて今後の生活の参考に本当になりました。

このことを知らないと本当に失業保険の給付金の収入に雲泥の差がつく。退職する前に読めたことが私にとって不幸中の幸いでした。

                   配送業 3年6ヶ月勤務

―――――――――――――――――――――――――――――――

失業保険のこんな利用の仕方があるとは思いませんでした。

私はこのあとポリテクに通うおうと思ってまして、会社都合で仕事をやめれたので倍率の高いコースも優遇されました。

無料で資格も取れ、お金も毎月入ってくるという、すばらしい生活になったのも、このマニュアルを読んだおかげですありがとうございました。

                   運送業  7年6ヶ月勤

 

追伸 1

ちょっとだけ、今すぐ行動しなかった時の損失を考えてみてください。

会社都合にしたことで、
あなたは給付金をいくらもらえるはずだったでしょうか?

後回しにしておくと、入るはずだったあなたのお金は、
二度と手にできません。


そうなってしまうと、後の再就職活動にどう影響すると思いますか?

本当はやりがいのある仕事につきたいのに、再就職の活動する余裕がなかったために、「妥協してとりあえず仕事に就く」ということは絶対にして欲しくありません。

もし、あなたに再就職の準備などにちょっとでも不安があるのでしたら、ご参加頂けばと思います。微力ではありますがあなたの力になり、心をこめて応援いたします。

 

 


 

Copyright c 2013 Inter Cube. All rights reserved.
特定商取引法